Risky Cities

Almere, Flevoland, Netherlands

アルメーレは、オランダのフレヴォラント州にある都市です。かつてザイデル海の一部だった大きな淡水湖、アイセル湖の近くに位置しています。この都市の人口は約 215,000 人で、オランダで 7 番目に大きな都市です。アルメーレは比較的若い都市で、オランダにより多くの生活空間を作るという政府の計画の一環として 1976 年に設立されました。

近年、アルメレの犯罪率は比較的低くなっています。オランダ警察の統計によると、2020 年にアルメレで報告された犯罪は約 4,500 件でした。これは、住民 1,000 人あたり約 21 件の犯罪率に相当します。これは全国平均よりも高いですが、オランダの他の都市と比較するとまだ低いと考えられています。

アルメレでは、2011 年に 6 人が死亡したショッピング センターでの銃撃事件など、過去に注目を集めた犯罪がいくつかありました。しかし、そのような事件はアルメレではまれであり、この都市は一般的に、生活や訪問するのに安全な場所であると考えられています.

アルメレには、特に危険であると考えられる特定の地域はありません。ただし、他の都市と同様に、特に一人でいる場合は、夜間の照明が不十分な場所を避けることをお勧めします.また、周囲に気を配り、多額の現金や貴重品を持ち歩かないようにすることをお勧めします。

一般的に言えば、アルメレは昼夜を問わず外出するのに安全な都市です。街は明るく、警察の存在感が強く、犯罪行為を抑止するのに役立っています。そうは言っても、特に街に慣れていない場合は、外出するときは常に注意を払うことをお勧めします.

アルメレを訪れる人が心に留めておくべき安全上のヒントがいくつかあります。たとえば、地元のサイクリング文化を認識することが重要です。オランダは自転車に優しいインフラで知られており、アルメレも例外ではありません。ただし、これは道路上に多くのサイクリストがいることが多いことを意味し、通りを横断するときや歩道を歩くときはサイクリストに注意することが重要です。

交通の面では、アルメレはオランダの他の都市との接続が良好です。市内中心部には鉄道駅があり、近くの町や都市に接続するいくつかのバス路線があります。また、市内にはいくつかの主要高速道路が通っており、国内の他の地域へのアクセスも簡単です。

アルメレは犯罪率が低く、比較的安全な都市です。過去に注目を集めた事件がいくつかありましたが、これらはまれであり、街は一般的に住み、訪れるのに安全な場所であると考えられています.アルメレへの訪問者は、地元のサイクリング文化を認識し、外出する際には注意が必要です。